mbt2011新作登場紹介


mbt 2011秋冬新作商品が続々入荷情報
by mbtnew2011
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

MBTで外反母趾を自然に治す



MBTで外反母趾を自然に治す






外反母趾改善重要2ポイント

(1)合った靴を選ぶ。

(2)足のゆがみを改善する。

 関節と関節を繋いでいる靭帯や筋肉の衰えなどから関節にゆがみが生じるからです。緩んでしまった靭帯は元には戻りませんが、衰えた筋肉鍛えて行きましょう!!オススメの靴はMBTシューズです。

 実はあまり知られていないようですが、外反母趾の原因たる原因は体の「前方荷重」です。

本来人間は踵(かかと)で体重の大部分をささえていますが、体重を支える役目があまりない足の指に体重をかけ続けていると(力学的な説明は省きますが)、足のアーチがくずれ、親指が回転しながら、曲がっていきます。

靴を履く習慣のない地域の方にも外反母趾がみられるようですし、外反母趾の方は裸足で立っても、やはり体重を足先に乗せています。踵の高い靴を履けば、否が応でも重心が前にきますし、幅の狭い靴であれば、足の親指はより回転するわけです。

 まずはとにかく、踵に重心をおく姿勢を習慣づけてください。親指の回転はテーピングでとっていきます。。痛みを伴う外反母趾、素足をみせたくない外反母趾、悩んでいる人は多いと思います。

外反母趾用といっても人によって原因や状況(外反母趾の角度や骨格の状態)などで千差万別です。そこで自分で出来る外反母指対策をご紹介します。


女性に多いとされるのは関節が柔らかい、筋肉・靭帯が弱い事が考えられます。

足の筋力をつけるトレーニング

・つまさき立ち体操(10回1セットを3回)

・タオル寄せ運動(足の指を使ってタオルをたぐり寄せる)

・足指じゃんけん(足の指でグー・チョキ・パー)


足を守る為の靴、おしゃれに履いている靴も間違った選び方をすると外反母趾になりやすい。自分の足に合わない靴(特に先が細い)を履くと指が締めつけられます。自然の状態で歩くと指が動かない、動かせない。最終的には変形し痛みを伴います。専門家より、MBTシューズを履くと、外反母趾を治す効果があります。MBTのメリットはタクサンあります。


[PR]
# by mbtnew2011 | 2011-12-14 11:38 | MBT

MBTのファッション



MBTのファッション




いわゆるMBT、現実にはマサイベアフットテクノロジーである、東アフリカのマサイ族のスイス人アーティスト、カールミュラーの手首のビューのための発明者でこぼこ道を歩いてもいるが、しかし、メソッドの行は現在も良好なので、彼らの散歩の道を中心とする履物を作成する。MBTは、直胴部を散策してもものの姿勢も市場私たちの血流を改善し、呼吸力の向上を図るとコンディショニングの結果を達成できる、ない星が後に求められても不思議ではありません。


彼らが歩いて靴の必要なしに模倣するために前提されているため、マサイベアフットソリューションまたは可能性MBTシューズは、ベンダを介して抗靴から導入されています。彼らがいるため真の靴から減少の要素のためのロッカーから、単に歩いて靴を必要とせずに模倣または再作成を開始どの提案する。MBTシューズのセール


評価仕上げている靴だけでなく、靴の後に見て内側にジョギングとの比較で出回っている。2つを使用して心配して歩行の方法が異なります。reduceの脚のための筋肉量の動きは、おそらくMBTシューズのために活用し、優れた可能性があります。ビジネスは、本物のバイオメカニクスのパターンが再び困難を軽減するとともに、総称姿勢のある男性と女性を助けることができるために変化を述べています。さらに彼らは、強化された筋肉の塊の動きは、追加の身体運動セッションをつかんで非常によく似ているという事実を報告。彼らは実際に靴があなたに増幅された活動のアカウントにえくぼの真皮から構成される問題を助けることができると公言この特定に多くの感謝。



MBTシューズは無視筋肉の使用を奨励することができます。姿勢と歩行の改善、形状の調整と、バックを向上させることができます、お尻を、脚と足を、それをよく知られている必要があります!



関節、筋肉、靭帯、腱の損傷を助けることができる回復、、膝や骨の関節MBTの靴への圧力を減少させる体の動きを導くことができますが、MBTシューズを買うためには、その内容の詳細に注意を払う必要があります?MBTシューズの構造が一意である、それは着用者が自然に安定した状態にすることができることができる、多くの人々は、不平衡状態で着用するために設計された理由を少しMBTカジュアルシューズを理解していない可能性があります。実際には、増加する筋肉の動きによるものであるバランスを通じて、MBTの靴黒の動きは、、排除される。関節や筋肉のバランスを緩和するための共同活動を通じた圧力が、適切な歩行のバイオメカニクスと、ストレート、自然とのラインを形成している。



MBTの靴はファッションの重要な一部である、衣服の一部として時間を収めなければならない。着用者の心の状態、美学や広報着用者の生命、個人的な味と文化的リテラシーの反射の性能にカジュアルスポーツシューズ。IT

部門からして大きな人気のブルーカラーのランク、MBTシューズの中産階級に、それは、その強引な性格の世紀中流階級の生活様式の反射を活力のシンボルを

与え、そして人々に古典的なノスタルジアの完全に異なるスタイルを与える、また若々しいで、、生活の質のシンボルをすべて"ぺ"を征服する彼らの精神的価

値を反映し、MBT靴がオレンジ色これは、彼らが後に求め得ることです!


[PR]
# by mbtnew2011 | 2011-12-08 11:13 | MBT

MBT使用時間について



MBT使用時間について




初めてMBTを履く方は、1回15分程度とし、1日2~3回ほど行ってください。日数を重ねるごとに徐々に回数と時間を増やし、一日中MBTを履いていられるようになることを目標にしてください。時間を延ばすペースには個人差がありますが、特に高齢の方は充分に時間をかけてください。過度なエクササイズをせず、ならし運転をする感覚で、短時間でも毎日MBTを履くことをおすすめします。


始めたばかりのころに一番多く問題が発生します。一週間ほどしたら、やはり足首を真っ直ぐに保ち正しい歩き方と立ち方を意識して快適と感じるあいだ着用し、持続的な筋肉の痛み・ハリを感じたら、MBTを脱ぐか、椅子に座るなどして張りを感じた筋肉を休めてください


こうして1ヶ月ほどしますと、連続して2時間履き続けられるようになります。そうしたら足首を真っ直ぐに保ち正しい歩き方と立ち方を意識して日常生活で従来のシューズの代わりやウォーキングにお使いください。



その後3ヶ月から半年はできるだけMBTシューズだけを履き、従来のシューズの使用を極力控えてください。そうすると、私達の脳は正しい歩行動作を学習し、無意識でも、身体に負担の掛からない動作ができるようになります。そうなりますと、やむを得ず従来のシューズを履いた場合にも、身体への負担が少ない姿勢と歩き方を維持できるようになります。
現在医師の治療をお受けの方、および持病のある方で、MBTの使用をご希望になる場合は、必ず医師にご相談ください。


 


 


 


[PR]
# by mbtnew2011 | 2011-12-08 11:13 | MBT

MBTと脚の問題



MBTと脚の問題




 現在、多数の脚の問題は神経筋肉の安定性と運動の不足所から招いたのです。人間が二足歩行を始めたのはいつ頃かは知りませんが、少なくともその頃は靴もなく、コンクリートやアスファルトのような固い平らな道路もなかったはずです。人間は素足で軟らかいデコボコした草原や山、そして砂の上を全身でバランスを取りながら歩いたり走ったりしていたはずです。一説によると腰痛や膝痛は現代の生活環境が大きく影響しているとも言われています。


 伝統の靴は果たすことができて保護効果を支えることができることをと植えて、しかしも筋肉システムに刺激を受けきれないでいくつかの機能を喪失させる。ある一部の筋肉機能のは喪失してあるいはの外で偏平足の外股を招きます。適当でない靴(例えばハイヒール)を身につけていても引き起こす外に足と足首の骨増殖体がひっくり返ります。



 MBT靴底の構造は一つ自然て安定ではないだ状態を形成することを目指します。マルセイユの感応器は第一の挑戦です:踏むのは地面の上で柔軟だを感じる不安定です。運動する感じが系統的で迅速に適切な筋肉のイベントは比較的に反応を作り出して、足の関節をさせて積極的に平衡がとれていることを実現して、脚に其生の理性の自然を完成して運動に転がらせます。MBTシューズは効果的に脚を制御して動作に転がって脚の耐える圧力と張力に比べて変えることができることができて、強める筋肉のイベントは足の関節に良いゆるやかさを得ることができます。


[PR]
# by mbtnew2011 | 2011-12-07 11:00 | MBT

MBTで一日中立ち続けても大丈夫ですか



MBTで一日中立ち続けても大丈夫ですか




 MBTシューズでの正しい立ち方に慣れると健康な方の場合、一日中立ち続けることを従来の靴に比べて非常に楽にさせてくれます。

 MBTは起立時の骨格系への圧力を減少させてくれるからです。 MBTシューズを履いて立つだけで,下肢筋の運動率+18%向上、腰や膝への負担が-19%軽減する、ハムストリングスの運動率+19%向上、 +9%ヒップ筋活動、腹部筋活動10%増加、背筋の運動率15%向上、ヒップと膝にストレスを無くします、通常の靴では着地衝撃が直接かかとに加わり全身の関節と骨格系に伝わってしまいます。一方MBTでは、着地衝撃はかかとが沈み込むときの筋肉と腱の収縮・伸展運動により全身に分散・吸収されてしまいます(このとき全身の筋活動が増加します)。
この機能をより高めるためにMBTで立ち続けるときには、体幹部を真っ直ぐに保ち、ひざを緩めた状態で立ち、中足部の下に感じる小山状の盛り上がりを支点として、足首から下だけを細かく前後に動かしてバランスをとり続けるようにしてください。

MBTの履き心地の良さから他の靴をほとんど履かなくなり、靴自体は重いのですが、最初は階段はつらいですが、以外と気になりません。慣れれば、何よりもアスファルトの道を歩くときが快適そのもの。足裏の感覚が本当に足に優しい。一日中立ち続けでも大丈夫です。血液循環も改善されます。このバランス運動は血液の循環を高めながら、身体に掛かる負荷を軽減し不快感や痛みを感じることなく長時間快適に立ち続けることを可能にしてくれます。

 妊娠中はMBTシューズを使用しないでください。妊娠中の不安定な履物の使用は医学的に禁忌とされておりますので、MBTの使用はお控えください。MBTは出産後の使用をお勧めします。MBTライフはぜひ「出産後」におすすめします。実はね、出産後に母体が回復しようとする時期にMBTを履きますと、その回復力を高め、なんと通常よりもよい状態になるそうです。


[PR]
# by mbtnew2011 | 2011-12-07 10:59 | MBT