mbt2011新作登場紹介


mbt 2011秋冬新作商品が続々入荷情報
by mbtnew2011
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

足から健康になる!



足から健康になる!




   多くの人が、靴を足に、ではなく、足を靴に合わせて履いていると言われる昨今。高いヒールの靴やブーツなどで女性の足は特に酷使されている。靴擦れやタコができても我慢しているという人は少なくない。しかし、タコやウオノメ、靴擦れが、足の変形のしらせであり、それが病気を招いている場合もあるということをご存知だろうか。


  デザインや価格で選んでしまいがちな靴。でも、本当に履きやすい、自分の足に合ったものを選びたいものだ。健康のためにまず靴選びのポイントからみましょう。


●足は縦幅(足の長さ)と横幅(足の回り)をはかる。縦幅は靴のサイズ、横幅はE、EEなどのアルファベットで表されるサイズのこと。日本と外国では、同じ表示でも大きさが違うことがあるので要注意。 

●  履いた時、つま先にゆとりがある。ただし、大きすぎるものは歩くとかかとが脱げてしまい、足の先に力が入りすぎて親指の爪が皮膚に入り込んでしまうこともあるので、大きすぎないようにすること。 

●  靴底に適当なクッションがあること 

●  土踏まずのくぼみが合っていること 


   年を取ったとき、女性の方が男性より足を痛める人が圧倒的に多いんです。不安定な靴、不安定な足で歩いていると大腿骨がねじれ、膝関節に障害が生じます。そして、関節のずれにより股関節の筋肉がバランスを崩し、骨盤の歪みを招きます。骨盤が歪んでしまうと背骨も曲がってしまうでしょう。このような流れが膝痛、腰痛、肩こりに影響を及ぼし、さらには大きな病気に発展してしまうこともあるんですよ」。



  「足は生活の中で大きな圧力を受けており、日々の歩行は、足首から足の先に数百トンの力をもたらすといわれているくらいです。酷使された足が体のねじれを生み、それが病気につながることもあります。循環器不良、貧血、腎臓の問題は、足から発見することのできる疾患です。通風などの関節炎も、しばしば足の関節から症状が現れます。このような病気は、遺伝によるものもありますが、 多くは長い人生における 酷使と放置の積み重なりからくるものです」。
多い人の場合、軽い外反母趾で、さらに足の親指の側面が常に硬くなっている。これを放置しながら日々暮らしているが、やっぱり良くないのだろうか……。

 


   軽度の外反母趾の痛みを和らげたり、足の変形を予防するために、家に帰ったら足の体操をしよう。 もちろん、入浴後のリラックスした時でもOK。自分で足の指がほぐれたと感じるまでやってみよう。 

●足の指でものをつかむ

タオルやハンカチなどの柔らかいものを足の指でつかみ、拾っては離す。これを左右繰り返す。


●足ジャンケン

ぎゅっと握ってグー、親指と人差し指を開いてチョキ、全部の指を開いてパー。この足ジャンケンを最初はゆっくり、慣れてきたらパッパッとリズミカルに繰り返そう。


●つま先立ちやかかと立ち

まっすぐに立ち、まずつま先立ちをする。足の指の腹で立つようにすると、指がぐっと曲がる。次に、つま先を上げてかかとで立つ。ふらつくようなら壁や椅子につかまって行うこと。足の筋を鍛えれば、健康促進になる。 


[PR]
by mbtnew2011 | 2011-11-09 11:15 | MBT